住民間のトラブルに関する様々な問題~過払い金の問題を解消~

secretary

被相続人の遺産

making discussion

遺産は放棄することができる

被相続人の遺産は、法律上必ず受け継がなくてはいけないものではなく放棄することができます。これを相続放棄と言います。では、具体的に相続放棄をしなくてはいけない状況というのはどのような状況なのでしょうか。それは、被相続人が多額の債務を抱えて亡くなった場合です。被相続人の遺産は、財産的に価値のあるものだけではなく負債もその一部として数えられます。負債が遺産に存在する場合には、その遺産を相続した段階で借金を背負ってしまうことになるため継承した人が借金を返済しなくてはいけません。このような面倒なことにならないようにするために、相続放棄の手続きをする必要があるのです。相続放棄の手続きをすれば、金銭トラブルに巻き込まれなくても済むようになるのです。

手続きの費用はものすごく安い

基本的に、相続放棄に限らず相続に関連する手続きでは費用がものすごく安いです。相続に関する手続きは裁判所を通して行うわけではありません。弁護士のような法律家に対する相談で費用が高くなってしまうのは、裁判所に対する手続きが存在するからです。単純な法律相談は時間給によって費用が考えられるため、相続放棄の手続きの方法だけを聞けば数千円の費用だけで手続きを実行できます。仮に、相続放棄に関する手続きを代行してもらったとしてもその費用は数万円程度にしかならないため安心して行うことができます。相続放棄をする場合は、遺産そのものをすべて放棄することになるため相続の権利を持っている人への金銭的な移動がありません。そのため、費用も小さくで済むのです。

Copyright (c) 2015 住民間のトラブルに関する様々な問題~過払い金の問題を解消~ all reserved.
This template downloaded form free website templates